cyborg’s blog

たまに更新します。

圧力による公文書書き換え

財務省の書き換えが問題になってますね。

結果を見れば、当然やってはならないことなのですけれど、今の情勢を見るとなんか仕方ないよね、という気持ちもあったりします。

 

森友問題に関しても、本人たちに特に瑕疵のあることをした意識はなかったんじゃないかなぁ。

 

書き換え前のもともとの文書を見れば、特に過失があるわけでもないというのが大半の意見ですよね。

 

にも関わらず書き換えたのはアベさんへの忖度だとか、佐川さんの国会答弁との整合性のためだとか言われていますが、まぁなんて言うんでしょう。

私には結局のところ、悪いのは政治家に見えちゃうんですよね。

 

これは指示をしたとか忖度されるほどのものがあったというようなものではないと思います。

 

問題がいつの間にか、国会等における発言と文書に整合性があるかないか、というところに向かってしまったところにあると思います。

 

通常、発言者は膨大な文章の内容を全て把握しているわけではないので、細かいことを聞かれれば記録文書との整合性はとれない状況が出てきても仕方ないですよね。

 

整合性がそこまで重要ならば、AIでも導入して文書をそのままコンピューターに読ませればよいだけではないか。

 

それを人にやらせておいて、いざ、間違っていたら、野党議員を中心に「虚偽」、「虚偽」、「虚偽」、「嘘」、「嘘」、「嘘」という言葉が飛び交う。

 

そこまで整合性が重要で、間違ってたら「悪」と判定されるならば、書き換えしちゃう人の気持ちも分かりますよね。

で、それが発覚したら「改ざん」「改ざん」。

 

私、これまで生きてきて、「虚偽」とか「改ざん」なんて言葉を日常(プライベートでも仕事の中でも)で使ったことってないんですよね。これってもはや今話題のイジメのレベルも超えてるような発言じゃないのですかね。

 

本当に人格を否定する言葉で、軽々しく使ってはいけない言葉だと思うんです。

これを言われる人の気持ちになってみたら、どう感じられますかね?

 

そして官僚のクビをとることを議員たちは目的にしている。

クビをとるというのはまさしく実際のところは仕事をクビにすると同じことなんだよね。たとえ本人による依願退職だったとしても実際はクビですよね。

 

官僚で高給もらってきただろうし、クビになって生活に困らないかもしれないし、あるいは次なる就職先もすぐに見つかるかもしれないけど、でも人の職業を奪うことの重大さを国会議員は分かってるのですかね?

準備も何もなしにいきなり職を失うわけです。

 

もう、発言食い違いからここに至るまでは負の連鎖ですよね。

 

文書の書き換え(これを正当な手続きを踏んでいないため改ざんと言うにしても)は、もし自分10人いて当事者だったら、4~5人くらいはやっちゃうんじゃないかな。

 

本来、変えなくてはいけないのは官僚の組織・仕組みではなく、虚偽とか改ざんとか人格否定につながりかねない発言を軽々しくしちゃう政治家を当選させないような選挙の仕組みの方じゃないのでしょうか。

 

野党が人格否定ではなく政策否定をしっかりできるようになれば、多くのことが解決されると思う。

やむにやまれぬ不正行為もかなり減るのではないですかね。

 

文書との整合性がとれない発言をどうしても「虚偽」ということを言いたいならば、国会で発言する人に対して1年以上の準備期間をあげないといけないかと思う。

そんなことしてたら「さっさと出てこい」と言うし、さっさと出てきて「わかりません」と答えたら「しらばっくれるな」と言うし、本当にどうしちゃったんですかね?

 

議論の応酬で、政策に不満があることだってあるでしょう。しかし、その時に人格否定のような発言、威圧的な発言を最初に行ったものは厳しく罰せられるようなそういう仕組みを作りませんか。

 

国会論戦とか見てても、本当に気分が悪くなることが多いのです。

 

森友問題のちょっと傍流

久しぶりのコメントです。

ちょっと新聞を読んでて気になったもので書いてみました。

森友問題、加計問題などなど世間を賑わせてますが、前者に絡んで疑惑の多くの人が不起訴になりましたね。

ここでは、それを論ずるわけではありません。

6月1日の読売新聞の3面を見ていてふと思ってしまいました。

 

f:id:s_ryusei:20180601085416j:plain

 

「ごみがあったと証明できるのか。なかったのではないか」のくだり。

こいつら、大阪地検特捜部ですよね。

確か、村木さんの冤罪事件で反省していた奴らですよね。

けど、反省してないんじゃないのかね。

ストーリーありきの圧力をかけた物言いが許されるのですかね。

取調べる側であっても、もっと先入観を排除して客観的に物事を見ないといけないのではないのですかね。

大阪地検特捜部、解体しちゃえば?

 

謝罪の法則

小池都知事豊洲の件で謝罪してましたね。

豊洲の環境基準で無害化の約束を果たせなかったことを都知事としてお詫びするとかなんとか。

前々から思ってたのですが、いわゆる社会的地位の高い人の謝罪って、実は自分じゃない人が原因であることについて謝罪する傾向がありますよね。

今回のも、要するに前任者たちの不作為を自分が代わって謝罪しますっていう風にしか感じられません。

自分のことについて謝罪(追求されてやむにやまれずではなく)できる人って社会的地位の高い人には少ないよね。
しかも、自分が原因ではないけど、あえて自分が謝罪することで、「謝罪できる腰の低い人」を演出してるように感じられる。

やれ、前社長が○×でしたので、社長として謝罪しす。
やれ、前総理が○×でしたので、国として謝罪します。

とかね。
今回の小池都知事も、そういう前任者が原因です的な謝罪をしても、まったく私には響きませんよ。

舛添問題と小池問題は同じか?

相変わらず都民ではないですが、都政劇場が面白い。

政治への関心を引くという意味では小池劇場、都政劇場も一役買っていると言えます。

 

さて、様々な人の意見を見ていて、ふと違和感を覚えるのは舛添氏と小池氏に対する判断基準についてです。

 

舛添氏はたかだか何十万円、何百万円を食いつぶしてクビになったようなものだが、その後に選ばれた小池氏は、豊洲問題で何十億ものお金を無駄にしている。

都民は馬鹿じゃないか。

 

このような声がしばしば聴かれますね。

これは比較の仕方が違いますよね。

 

舛添さんの場合は、「違法ではないが不適切」と言われたものですが、はっきり言って「違法」と言えると思います。横領みたいなもんだもの。何で逮捕されないのか分からないくらいです。

分かりやすく極端な表現をするならば、「何十万だろうと何百万だろうと、横領を犯した罪人には政治は任せられませんよ」という意味で私は支持しません。

 

お金の額は、あくまでも判断基準の一つであり、判断基準の全てではありません。

 

一方の小池氏は豊洲問題で数十億円つぎこもうとも、それはあくまでも政策上の経費であるので、罪人と一緒にはなりません。

 

したがって、舛添氏と小池氏を都の損失出費額が全てであるように議論するのは、はっきり言っておかしいです。

 

東芝に大損害を出した社長よりも、東芝のパソコンを万引きした人の方が、経営者としてはまだマシだよね、といった議論と同様ではないか?

 

そういう意味では、舛添氏には都政を司る資格はないと言えます。

 

ありきたりの言葉になってしまうが、お金だけで物事を見ていると本質が見えなくなる、というのは本当なんだと思う。

 

※なお、小池氏は都政へのマインド、都政の進め方という点において、まったくもって知事として不適格だと思っています。都政の進め方について言うと、独断で進めているという点において、ひょっとしたら罪に問われてもおかしくないですよね。

安全なら安心なんだけどね

百条委みましたよー。

それにしても、休日にやらなくてもいいのにね。働きかた改革とか云々・・・
あ、あれは国会でやってるから都議会は関係ないのかね?

さてさて、私は東京に住んでないわけだが、大変やね。

都民がすべて私ならば、豊洲は安全なんだろ。だったら安心だ。OK!ってことで終わるのだけど、そうは問屋がおろさない。

冷静に考えると安全なら安心なんだよね。
逆は違うな。安心なら安全とはならないかな。

つまり、ベンゼンとかが食材には影響しないよ、といわれても信じられない人が多いわけだ。

これは何パターンかにわかれそう。

何が不安かは説明できないけど不安というやつら。(←これはね、放っとけよと思う)

豊洲の構造をみたが、理論的に安全じゃないと分析するやつら。

これまで科学が安全だと言っておいて何度も
裏切られてるので、信用できないぞ、というやつら。

基本的には構造をみれば、今回のは安全かなと思っちゃうけど。

その上で問題が発覚したら対処すりゃいいじゃないか、と簡単に考えてしまうけどダメかね?

豊洲に移転して、それを信用できない人は豊洲経由の食材を口にしなきりゃいいだけじゃないのかね?

あるいは移転をやめて、すでに判明してる築地の危険による被害が出たら、「ま、仕方ないよね、移転しなかったのは都民の決定だから」で納得する。

このどちらかでいんじゃね?

築地の問題点を改善していくってのは物理的に難しいんだよね?

もう、シンプルに決めたんでいいんじゃないかね?